初の事業撤収!立ち上げから撤退まで・・・・

こんばんは、井上です。


問題発覚から2日がすぎて
ようやっと落ち着きを取り戻してきました。


色々考えた結果、
昨日のメールでお伝えした通り、
民泊事業から撤退することにしました。


ほとまず、今月中は営業を続け、
3月に入ったらクローズすることにしました。


春の稼ぎ時のタイミングですが、
続けることのリスクを考えると
このタイミングでのEXITが無難という
判断をしました。


ですから、3月下旬以降の予約を全てキャンセルして
3月中には退去する予定です。


ぶっちゃけ、今回はものすごく悩んだし、考えました。


もちろん、
継続の方向も模索しましたが、
最終的にはこのタイミングでの撤退が
ベストだったので、決断をいたしました。


今回、完全に事業から撤退するので、
事業をたたむ初めての経験になります。


サラリーマンの副業だと、
あまり事業って認識が薄いので、
撤退!って表現はあまり使わないですよね。


だいたい、
フェードアウトする感じなので
○○を撤退する!っていう指示で
業務を進めることってほぼなかったりします。


今回は違った視点からとらえると
非常にいい経験ができたとも言えます。


実際、民泊に関しては今後も
ガンガン伸びていくと思います。


ですから、2か月ほど営業を止めたとしても
間違いなく年間で黒字になるから、
止める必要は無いと言えばないんです。


ただ、現在使用している建物が
すでに築30年を超えているので、
設備的にも老朽化が進んでいます。


その分、家賃は安いのですが、
正直、ここから2年、3年と営業するかと言うと
正直微妙な所でもあります。


現状でも、排水トラブル等で
現地対応することもチョイチョイありますから
今後、そういったトラブルも
間違いなく増えてくることが
容易に想像できます。


そんな状況で、
労力と費用をかけて許可申請してまで
続ける必要があるのか・・・って、、、、


多分、今回の保健所からの一件がなければ、
立ち止まって冷静に考えることなく、
許可申請手続きを進めたと思います。


ただ、今回、幸か不幸か、
一旦、立ち止まって冷静に、
今後の民泊事業について考える
ことができました。


冷静に考えると、
このタイミングでいったん引いて、
利益確定させるのが最善策という
結論にたどりついた訳です。


別に、民泊がダメで、
稼げないから撤退する訳じゃありません。


あくまで、
現状運営している物件の状態を踏まえた上で、
労力とコストをかけてまで
続けるのは正直リスクが大きいからです。


築年数が20年未満の物件であれば、
また対応は違ったと思いますが・・・


今回は、そういった先々に予見されるリスクを
考慮した上での撤収という判断を下しました。


このあと、
へやの撤収作業と原状回復の作業が
残っています。


それを全部終えて、
部屋の鍵を不動産屋へ返却することで
エアビー事業は撤収になります。



今回は結果として、
事業の立ち上げから撤退まで経験することになります。


これ、会社の事業だったら、
提案をするのは我々ですすが
最終判断をするのはエライ方々ですから、
個人がこういった重い決断をくだすことって
実はほとんどないんですよ。


だから、撤収!って結論を下すときは
本当にその決定で問題ないのか?
って、何度も自問自答を繰り返しました。


ホント重いですし、
自分のお金が動いている以上、
やはり真剣になりますね。


自分で事業をおこなうことが、
非常にヘビーなことであると、
改めて学んだような気がします。


また、タイミングを見て
好機がやってきたら、
再参入も当然あり得ることですので、
このメルマガでは民泊情報も
今まで通りお届けしますので
楽しみにしていてくださいね。


では、また!


井上

スポンサーリンク



副業解禁の波に上手く乗る方法

会社員の副業解禁が目前に迫っています。正しい知識と情報を知らないと、収入微増で労働時間激増と謎の状態に陥ります。このメルマガでは、会社員向けに様々なビジネスに役立つ情報を毎日お届けしています。

 詳細内容を確認する




コメントは受け付けていません。