半強制的に作業をするようになる方法

ここの所、Youtubeアドセンス用の動画作りにハマっています。

なんだかんだ言って、
Youtubeアドセンスはまだまだイケます。

1月の頭に話題になった報酬激減も、
年度末に突入して、出稿数が増えたこともあって、
以前の水準に回復していたりします。

結果として、1月の報酬激減の話題に脊髄反射で
撤退することなく、続けた人が
この3月に美味しい思いができる訳です。

特に、アドセンスの場合は、
ホント、最初は数をこなさないとダメなんです。

実際、井上自身もYoutubeアドセンスで
上手くいってない時は、
今振り返ると、全くもって作業量が
足らなかったと思います。

数をこなして行くと、
色んな気づきがあるし、
伸びる動画と伸びない動画に
分かれてくるんですよ。

で、伸びてる動画のアナリティクスを
睨めっこしていると色んなことが見えてきます。

そこでの気づきを、
伸び悩んでいる動画に反映させていくと
ジリジリと再生回数が伸びてきたりします。

ヒット動画が出なくても、
投稿動画が多ければ、
チャンネル全体での再生回数が伸びてくるので
実はそれでokなんです。

だって、500本アップしていて、
1日平均1本あたり10再生でも、
チャンネル全体では5000再生になるわけです。

20再生なら1万再生です。

たくさん動画をアップしていれば、
その分、入り口が増えるので、
チャンネル内を上手く回遊できるようにしておけば、
実は再生回数は伸びていくんです。

量産の狙いは、
Youtubeを見る目、分析の目を養うことと、
チャンネルの入口を増やす2つの目的が
あるんですよ。

この視点を押さえておけば、
動画づくりも苦にはならなくなるし、
むしろ、いろんな仕掛けを盛り込んで
どう反応するかをチェックしていたりすると
結構、たのしく動画量産できると思います。

あと、
半強制的に作業をするようになる方法
ですが・・・・

これは、
宣言してしまうことです!

井上はここ最近、
だいたい毎日30本の動画を作成しています。

で、そのことを
FMCのYoutubeチャットに投稿したわけですよ!

すると、
投稿数の話題で盛り上がっていく・・・

そうなってしまうと、
1日30本がなんとなくの基準値になって
ある意味、やらないと言ってたこととやってることが
違うじゃんってならないように、
勝手に手が動くようになります。

ですから、
もし、あなたが今一つ手が進まない!
って感じているのなら、
同じビジネスを取り組んでいる仲間の前で
思いきって宣言してしまいましょう!

そうすれば、
嫌でもやるようになりますし、
作業量が増えれば、
それに比例して成果も上がってくるので
楽しくなってくるんですよ!

ぜひ、試してみてください!

今日はこの後のノルマは20本!

では、引き続き頑張っていきましょう!

リアルタイム情報はメルマガでお届けしています。
下記フォームからすぐにご購読できますよ!

メールアドレス(必須)
お名前(漢字で入力)(必須)


井上

スポンサーリンク



副業解禁の波に上手く乗る方法

会社員の副業解禁が目前に迫っています。正しい知識と情報を知らないと、収入微増で労働時間激増と謎の状態に陥ります。このメルマガでは、会社員向けに様々なビジネスに役立つ情報を毎日お届けしています。

 詳細内容を確認する



 

コメントを残す