嫌なら泊まらなきゃいいじゃん!ほかにもあるし・・・・

こんばんは、井上です。 ご存知ですか? 昨年、爆買いで話題になった、 中国人観光客ですが、 あなたも感じていると思いますが、 ここ1~2年で、 めちゃくちゃ増えたと思いませんか? 大阪中心部でも、新宿でもそうですが、 ものすごく増えた印象があります。 でも、驚いたことに、 今現在日本に来ているのは 中国人で海外旅行をする人の たった2%に過ぎないんですよ! えっ、マジで! あんなにたくさん来ているのに! って思うかもしれませんが、 たった2%に過ぎないみたいなんです。 これにはかなり驚きました! と、同時に まだまだビジネスチャンスはあるな! と思ったんですよ~! 実際に中国人観光客のほとんどが、 まだまだツアー利用での来日なんです。 でも、 今後はビザ発給要件が大幅に緩和されるので 中国からの観光客が増えるのは、 容易に想像できますよね。 今でさえ、沢山来ているような印象なのに、 さらに増えたら・・・・・ 若干、不安になる部分もありますが、 確実にビジネスチャンスに繋がると思っています。 その一つが、エアビー! 先にお話しした通り、 中国人観光客のほとんどが、 ツアーでの来日なんです。 ということは、 そもそもエアビーを使っている人は 極少数なんですよ、今現在は! で、世間ではこんなことが 話題になっている訳で・・・・・ ↓ [link]http://news.livedoor.com/article/detail/11109477/ この件の井上の見解は、 あとがきで書かせていただきますが、 いづれにせよ、 民泊の需要はさらに高まることが 予測できますよね。 ただ、若干うるさい傾向にあるので、 隣近所の住人からクレームが 発生するリスクがありますが・・・・ ただ、ビジネス視点で捉えた場合は、 大きなチャンスが目の前に転がっている 感じなんですよね。 そのチャンスを取りに行くのか、 スルーするのかで、 2016年は大きく変わってくると思います。 当然、リスクは伴いますが、 この大きなビジネスチャンスを取りに 行かない手は無いんですよね。 だから、これにも遅かれ早かれ、 参加しないとダメなのかもしれません。 ↓ [link]http://www.zizaike.com/ ホント、中国ってパクるよね~! ある意味、感心します。 これは、エアビーに限らず、 物販などを含めて、ありとあらゆる チャンスがあると思いますので 頭を柔らかくして、 既成概念にとらわれないように しようと思いました! あとがき———————– 今回のメルマガの最初で紹介した記事ですが、 東京、大阪は本当にホテルが取れないんですよね。 本当に取れません! 当然と言えば当然なんですが、 日本は資本主義なので、 市場経済は需給に応じて価格が変わるのは 当たり前と言えば、当たりまなんですが、 それが納得できない人も多いみたいですね。 先の記事のホテルチェーンの価格設定は 市場のルール的には間違ってはいないんです。 需要が大きく、供給が少ないのだから、 価格は当然上がっていく訳で・・・・ でも、チェーンのホテルで 3万円っての、スゲー強気じゃん! と思うと同時に、高価格を設定することで、 面倒なお客さんを 排除してんだな~って思いました。 やっぱり、設定する価格によって、 客層は大きく変わるし、 安い価格帯だとどうしても、 ややこしい人が集まってきちゃうんですよ。 例えば、かつて8千円だった部屋を 3万2千円にした場合、 単純に考えれば、価格は4倍なので、 今までなら4部屋埋めないと立たなかった 売上が一部屋埋めるだけでOKになる訳です。 でもって、 3部屋分のそのた費用が減る訳ですから、 客数が減っても売上維持で利益率向上に なるんだから、 そっちの方がイイに決まっていますよね。 もちろん、その価格帯で勝負するなら それなりのクォリティーを求められますし、 その域に達していないなら、 リピートはしてくれませんから・・・・ ただ、売り手優位な状況であるのは 変わらないので、 ○パホテル的には、 嫌なら泊まらなきゃいいじゃん! ほかにもあるし・・・・ と言うのが本音だと思います。 個人的にはこのホテルグループは、 ホテルによって当たりハズレが大きいので 使っていなかったりします。 こんな価格戦略を更に深ぼって 自分のビジネスに役立てたいと思うあなたには この本がおススメかな・・・・ ↓ [link]本の内容を確認する! 井上

スポンサーリンク



副業解禁の波に上手く乗る方法

会社員の副業解禁が目前に迫っています。正しい知識と情報を知らないと、収入微増で労働時間激増と謎の状態に陥ります。このメルマガでは、会社員向けに様々なビジネスに役立つ情報を毎日お届けしています。

 詳細内容を確認する




コメントは受け付けていません。