実践を続けさせる一番の方法は、やっぱりこれなんだ。

おはようございます。井上です。

なんだか今週は異様に、
日が経つのが早く感じる1週間でした。

もう12月は目前で、
若干、キモチ的に焦りを感じる
今日この頃です。

さて、トレンドブログの実践を続けている訳ですが、
ノウハウの実践からの気づきを書きたいと思います。

なんでもそうですが、
続けないと結果は出ない訳です。

しかも、チョロッと実践したくらいでは
よほどのセンスの持ち主以外は
結果なんぞ出る訳ないんです。

冷静に考えれば、
当たり前のことなんですが、
このネットビジネスの世界に入ると
その冷静さが無くなってしまうんですよね。

かつての私もそうでしたが、
楽に、簡単に稼げる!って
イメージが強いんですよ、
ネットビジネスは。

そんな認識でスタートするので、
思っていたのと違う!と感じてしまい
実践を止めてしまうんですよね。

そして、結果が出ず、

ハイ!次!

みたいな感じになってしまう訳です。

じゃあ、どういう状況になったら、
続けることができるのか?

これを考えてみたんですよ。

結局、続かない一番の理由は、
実践した成果が見えない!という点だと。

今回、トレンドブログをやってて、
なんでここまで続いているのかと言えば、
実践に対して、何らかの目に見える結果が
早い段階から得ることができたからだと
思うんですよ。

だって、教材の内容に沿って、
テーマ選んで、1日3記事書いて、
それを三日ほど続けたら、
ブログのアクセスがどんどん
増えてく訳でですから・・・・

比較的早い段階で、
目に見える何らかの変化を
感じることができれば、
続けることができると思うんです。

なので、誰かにノウハウや手法を
レクチャーする時って、
絶対にこの点を外しちゃだめだなって。

特にエントリー系の教材の場合は・・・

私が思うのは、
ノウハウをシェアして終了!ではなくて
STEP BY STEPで実践手順の解説は
やっぱり必須だと思います。

しかも、入口の部分は、
それこそロボットにように、
書かれていることを
そのまま実践すればOKくらい
しておく必要があるのかなと。

そして、ちっちゃな成功を体験させて、
実践が続くようにカリキュラムを
組み立てておく。

それこそ、3か月くらい、
90日分の作業指示がある位の方が
いいのかもしれません。

それで、結果がでてきてから、
じゃあ、自分で考えてみましょうか!
的な流れに変えていった方が、
いいんじゃないかと思います。

コンテンツ提供者としては
超大変ですが、
多分、これくらい手厚くしないと
多くの人は続けられないのかも
しれません。

もちろん、ビジネスなので最終的には
自分で考え、工夫をして進めていかないと
ダメなんですが、
いきなり入口からそれを求めるのは
やっぱり酷じゃないかと
最近思うようになりました。

ある程度経験を積んでくれば
行間を読み取って進めることができますが、
最初からそれは無理ですから・・・

自分が、教材コンテンツを作るときは、
出来る限り、最初の部分は、
STEPバイSTEPで解りやすく解説しようと
思いました。

多分、多くの教材に不足している点は、
実践手順と目安値だと思います。

これがないから、
どんなに優れたノウハウでも、
実践できず、途中で挫折しちゃう人が
多いんだな~って思います。

で、この視点って、
特典作りにとても有効だなって
思う訳ですよ。

もちろん、
ノウハウや教材の種類にもよりますが
初心者向けのものであるなら
この視点での特典が有効だと思いました。

となると、
エントリー教材に付けるべき特典は
やっぱり、サポート系が有効ってのが
結論になりますね。

しかも、メールやチャットだけでなく
必ずコンテンツを介在させる。

メール本文ででイケそうなことも、
全てコンテンツ化して届ける!

この流れで特典を考えよう!

って思った訳です。

やっぱり、
アフィリエイトをする時の基本は
実際に自分でやってみて、
不足点を見つけて、
そこを補強する特典をつくる!

これに限ると思います。

継続的に販売される
王道的な教材をチョイスして、
この視点で特典を作り、
セールスをステップメール化!

この方向でいこうと思います!

最近、教材のアフィリエイトを
サボっているので、
ここらで、バーン!と行こうと思います。

さっ、今日は
ハイパワーマーケティングの超訳セミナーです!

楽しみだぜ~!

スポンサーリンク



副業解禁の波に上手く乗る方法

会社員の副業解禁が目前に迫っています。正しい知識と情報を知らないと、収入微増で労働時間激増と謎の状態に陥ります。このメルマガでは、会社員向けに様々なビジネスに役立つ情報を毎日お届けしています。

 詳細内容を確認する




コメントは受け付けていません。