民泊合法化スキーム 新たなビジネスチャンス

2017-025号 民泊合法化スキーム 新たなビジネスチャンス


こんばんは、井上です。


昨日は、現在民泊用に借りている、
賃貸マンションの管理会社に行って、
民泊合法化に向けた打ち合わせをしてきました。


大阪市の特区民泊条例の最低宿泊基準が1月から
6泊から2泊に緩和されました。


それに伴って、
なんとか今年度中に許可を取るために
急ピッチで準備を進めています。


当初、懸案であった消防法関連の対応は、
オーナーさんの理解もあって
なんとかなりそうな感じです。


で、1番ネックになるのが、
ゴミ処理の問題です、、


メディアでも報道されている通り、
大陸のゲストが、
スーツケースとかを
置いて帰っちゃうケースが
多いみたいなんです。


ようは粗大ごみの問題です。



私の部屋ではそんなケースは
今のところないんですが、
他ではあるようで・・・・



少し時間が経つと、
粗大ごみが増える・・・みたいな。


現状は、都度、
オーナーさんの負担で
処理をしているようなんです。


この点をクリアーしないと
厳しいんじゃないかと言うのが
管理会社さんからのコメントでした。


通常のごみに関しては、
業者さんとの話がある程度ついているので、
運用上はなんとかなりそうなんですが
粗大ごみの部分が・・・


で、色々とディスカッションをしていくうちに、
管理組合的なものを作ってはどうか!
って話になったんですよ。


民泊管理組合みたいな感じで、
その建物で民泊をやる場合は強制加入的な。


組合を作ってしまって、
組合費を月額2000円みたいな感じで
徴収して、その会費をプールして、
ゴミ処理や民泊対応の費用に充てようというもの。


実際の運用は
管理会社の業務委託する形で
管理費の管理なんかを一切
お願いする形にしようかと。


まあ、細かい諸問題や
クリアしなければならない課題はありますが
少なくても現状超えないとダメなハードルは
全て超えられるような気がしています。


規約作ったり、スキームを組み立てた入りする
必要はありますが、管理会社さんも、
今後のことを見越して、
結構、ノリノリだったりします。


実際、このスキームを組み立てて、
体型的に整理できれば、
実際、売れますからね~。



ちょっと、気合を入れて
組み立ててみようと思います。




あとがき・・・・・・


明後日から4か月に1回開催される、
NISHIさんの合宿に参加してきます。


今回で5回目だったりします。


琵琶湖⇒石垣島⇒福岡⇒札幌ときて、

今回は鹿児島での開催になります。


とっても刺激的かつ密度の濃い
合宿なんですよね。


今回はどんなノウハウがシェアされるか
とっても楽しみだっりします。


合宿後には、
色々とお話できる範囲で共有しますので
楽しみにしていてくださいね。



追伸

この前、税務調査を始めて受けました!

通知がきたのが、
先々週の土曜日で、次の金曜日に・・・

そんなこともあって、
先週はバタバタでした。

一体、何枚印刷したことか・・・


まあ、いい経験ができましたよ!


井上



スポンサーリンク



副業解禁の波に上手く乗る方法

会社員の副業解禁が目前に迫っています。正しい知識と情報を知らないと、収入微増で労働時間激増と謎の状態に陥ります。このメルマガでは、会社員向けに様々なビジネスに役立つ情報を毎日お届けしています。

 詳細内容を確認する




コメントは受け付けていません。