2018年度版 飲食店の為の情報発信手法 インスタを起点にします。

おはようございます。井上です。


昨日のメールでは、
2018年度版 飲食店の為の情報発信手法
というお話をさせていただきました。


インスタとTwitterとFacebookMessenger
使いますよ!というお話をしました。


詳細は昨日のメールを確認してください。


飲食店が情報発信するのに
もっとも適しているツールって、
なんだと思いますか?


もう言わなくても解りますよね。


そう!


インスタグラムです。



なぜインスタかというと、
画像がすべてを物語ってくれるからです。


飲食店って、なんだかんだで、
1日中バタバタしているんですよ。


だから、情報発信しましょうよ!
と言った所で、メルマガ書いたり、
LINEメッセージを作成したりする時間って
実はほとんどなかったりするんです。



でも、インスタグラムであれば、
それこそ、写真を1枚撮って、
一言二言添えれば、
それでお店の情報発信として
十分になりたっていまいます。


なので、忙しい飲食店であったとしても
インスタを軸にするなら、
情報発信は簡単に始めることができます。


ただ、インスタの場合も、
インスタ単体でみた場合は、
ブログなどと同じで、
やはり待ちの状態になってしまいます。


そのインスタを、メルマガやLINE@のように
投稿内容を瞬時にお客さんに届けるために
活用するのがFacebookMessengerなんです。


お店が、インスタに投稿したら、
リアルタイムで更新情報が、
お客さんのMessengerに配信することができます。

I
しかも、インスタに投稿した画像も
Messengerで届けることができます。


もちろん、FacebookMessengerのリストを
別途集めていく必要はありますが、
実際、広告を使ったり、Facebookページの
コメントなどを上手く使えば、
比較的簡単にあつめることができます。


インスタを使った発信であれば、
写真を撮ってコメントつけて
投稿するだけでいいので、
お店の負担にもなりにくく
続けやすくなるんです。


ただ、インスタとFacebookMessengerを
直接連携は出来ないので、
ある外部サービスを使うことで、
それが実現可能になります。


そのサービスとは、
IFTTTとChatFuelの2つになります。


IFTTTを使って、
インスタに投稿された内容を
ChatFuelに受け渡して、
それをメッセージとして配信を
させる訳です。


このIFTTTとChatFuelを連携させることで、
インスタ投稿以外の作業をすべて自動化
できるようになります。


これによって、
本来は受け身で待ちのスタンスの
インスタグラムも、
攻めのツールとして使うことが
できるようになります。


ちょっと話はそれますが、
飲食店はそれこそ、いかにインスタグラムを
攻略するかがキモになりつつあります。


ホント、アイディア次第で、
色々なことにインスタグラムは
応用できます。


ですから、まずは情報発信のツールとして
インスタグラムを導入いただくのがいかと思います。



この3つのツールを上手く活用出来たら
間違いなく、飲食店の販促コストを
大幅に下げることができると思われます。



まだ、このスキームで運用しているところは
少ないので始めるなら、
今のような気がします。


もし、今回お話したスキームに興味があるかたや
自身のビジネスに導入を検討される場合は、
井上まで、直接連絡をお願いします。


その場合は、個別指導に対応させていただきます。



スポンサーリンク



副業解禁の波に上手く乗る方法

会社員の副業解禁が目前に迫っています。正しい知識と情報を知らないと、収入微増で労働時間激増と謎の状態に陥ります。このメルマガでは、会社員向けに様々なビジネスに役立つ情報を毎日お届けしています。

 詳細内容を確認する




コメントは受け付けていません。