この導線!上手いって思いました。テキスト系のレポートのお手本

こんばんは、井上です。

軽く5年位前にタイムスリップした感じに
無料レポートを読み漁っています。

気合いの入ったレポートが多いですね。

でも、結構、
レポート本体に気合が入り過ぎて
そこで完結してしまっている
レポートが多いような気がします。


皆さんご存知の通り、
メルぞうからゲットできるアドレスは
基本、捨てアドです。

以前使っていた時は、
20%位がアクティブで、
ゲットしたアドレスの80%は、
捨てアドって感じでした。

今回も、計測してみたら、
25%位がアクティブでしたから、
以前よりも少し回復したような感じです。

さらに、今回はリストを配信スタンドに
流し込んだのが木曜日だったんですが、
最初の2日くらいは無反応過ぎで、
全捨てアドか!!!って一瞬思いましたが、
日曜日の夕方以降に反応がでて一安心でした。

で、ここポイントなんですが、
無料オファー攻略で日曜の晩は
狙い目っていうじゃないですか!

これ、レポートも同じことが言える
ような気がするので、
リストへの流し込みは、
日曜日の夕方前に位に
行うのがいいかもしれません。

とは言っても、
アクティブ率25%だと若干、
厳しい感はあります。

そうなると、
従来のセオリー通り、
レポート本体から直でオプトを
とる流れしておくことが
やっぱり超重要なんですよね。

レポートの中にオプトと言っても、
いきなりドーン!じゃ、
やっぱり厳しいじゃないですか。

如何に自然に、
スマートにオプトまでの導線を引くか・・・

で、そのお手本になるのが、
このレポートです。

【Facebook集客ノウハウ】ブランド力と集客力を劇的にUPさせるための超具体的な手順(再配布OK)動画付き

単に、Facebook系知識があまりなかったんで
適当に物色して読み漁っていたんです。

そしたら、このレポートにいきついて・・・

へぇ~、知らんかったわ!!!の連続でした。

Facebookは能動的に活動しないと、
イイ感じになっていかなということが
良く解りました。

って、ノウハウの無いよはおいておいて、
このレポートで見習うべき点は、
オプトへのスムーズな導線です。

これ、読めば解りますが、
おそらく、自然とオプトのリンクを
クリックしてしまうと思うんです。

無料レポートもこんな感じで
キレイに導線が引ければ、
活きたアドレスの獲得率は
非常に高くなるんじゃないかと思います。

で、さらにこのレポートの抜かりの無い点は
再配布権をつけていると言うこと。

それが意味することは、
言わなくても解りますよね。

メルぞうを攻略する上で
リストの抜き方のお手本になる
パターンだと思いますので、
無料レポート活用している人は
要チェックです。

そのレポートはコチラ

http://t03imd.jp/l/m/EEHNaqJorPv70X

PDF系のContentsは、
この流れでOKですが、、、、、

井上が提唱する、
音声レポートの場合はどうすべきか・・・・

ちょっと考えてみてください!

解った!って方は投稿フォームからどうぞ!

あとがき・・・・・・

最近、Amazonのアカウントを、
大口出品に切り替えました。

販売データを取りたいのと、
輸入商品の販売チャネルの一つに
するのが目的です。

で、せっかくなんで、
自宅にある本を、どどどっと70冊ほど
FBA倉庫に送ったんです。

今って、FBA倉庫までの送料が無料なので
FBAがどんなもんかを確認する意味もあって
出品したんですが・・・・・

これ、Amazonに商品出すなら
FBAじゃないとダメじゃねーかって・・・

ホント、サクサク売れていく感じです。

もちろん、本ですし、
もともと自宅では不要なほんでしたから・・・

Amazonを使った国内転売が
凄まじい理由がなんとなく解りました。

ダイレクト出版の本を、
メルカリやヤフオクで仕入れて
FBAに突っ込んだら、
上手くやれば500円/冊くらい
利益がでるような気がします。

月間ビジネス選書の新刊がでた直後、
たしか25日前後にメルカリを
物色したら面白いかもしれませんね。

これ、サラリーマンのお小遣い稼ぎなら
いいかも!って思ったけど、
1冊500円の利益として、
大口出品手数料が5000円弱だから、
11冊目からが完全なもうけか・・・・

もっとうまくできそうなきがする・・・

もう少し、色々と考えてみよう!

スポンサーリンク



副業解禁の波に上手く乗る方法

会社員の副業解禁が目前に迫っています。正しい知識と情報を知らないと、収入微増で労働時間激増と謎の状態に陥ります。このメルマガでは、会社員向けに様々なビジネスに役立つ情報を毎日お届けしています。

 詳細内容を確認する




コメントは受け付けていません。