最近、クラウドファンディングの話しが多くなっています。

その訳は・・・・

単純明快!今現在、
自分がお仕事としてクラウドファンディングに
携わっているからです。

だって、やっていることえお
シェアしたいじゃないですか。

私もそうでしたが、
クラウドファンディングって一見、
普通の人にとっては
最も遠い手法だと思うんですよ。

実際、私自身、昨年の5月の高知の合宿で
非稼ぐ系4類計のノウハウを聞いた時、
クラウドファンディングはきっと
手を出すことはないだろうな~って思っていました。

それが、8か月たった今、
自分のビジネスの主力メニューの
一つになっている訳です。

ホント、先のことなんて分からないですよね。

で、クラファンに関連する情報を
定期的に発信している人が少ないので
発信することにしたんですよ。

これ、2015年にエアビを始めた時と
まったく同じ感じです。

当時、私のメルマガ読んでいてくださった人は
思い出してほしいのですが、
ほぼエアビーの話しを毎日
お届けしていたと思います。

やはり、日刊で配信している訳ですから、
極力タイムリーなネタの方がいいですからね。

でも、クリックとか開封の状況を
みていると、
クラウドファンディング関連のネタの時は
すこぶる反応が良くないんですよね~。これが。

ただ、一つ言いえることは、
クラウドファンディングですが
実行するしないは別にして、
しっかりと興味を持って、
情報は押さえておいた方が
いいと思いますよ。

で、前置きはこれくらいにして、
今日は、Readyforの担当者とのミーティングでした。

Readyforは事前にプロジェクトの企画概要を
申請して審査を受けないとダメなんです。

で、審査に突破したら、
担当者が一人ついてマンツーで
サポートしてくれるんです。

で、今日はその担当の方と
初回のSkypeミーティングだったのですが・・・・

マジで、手厚すぎますね~。

クラウドファンディングの個別コンサルを
受けているような印象です。

私の場合、ある程度クラファンに関する
ノウハウや攻略法を理解し、それを踏まて
プロジェクトの設計をし、審査に出していました。

でもって、ミーティングの際に
プロジェクトのついて、
説明させて頂いたら、
担当の方によく勉強されていますね。

ポイントを外さずにしっかりと
押さえられているので
特に問題はないですね~と
おほめの言葉をいただきました。

クラウドファンディングの専門スタップに
お墨付きをもらえたので、
今後のくらこんのセールスとーくに
盛り込めると思います。

その後も、スケジュールの組み立て方、
目標金額の考え方など
丁寧にレクチャーを受け、
最後に提出期日まできっちと
決められました!

ホント、コンサルを受けているような感じです。

今回のクラファンの開始は
おそらく3/5付近になりそうです。

その間、担当の方とやり取りをしながら
企画を詰めていく感じです。

さらに募集ページの赤ペン先生も
やってくださるようで・・・

今回のPJを通じて
クラファンスキルが一気に高まる感じです。

で、もう一件、
こんどは己案件で1つPJを立てようとしています。

その案件はMAKUAKEで実行よていです。

で、実はさらに1件、
商品系の案件が控えているので・・・

第一Qはクラファンまみれカモしれません。

いづれにせよ、
クラファン関係のノウハウが
徐々にたまりつつありますので、
クラウドファンディングの実行を
計画している場合は、
連絡をいただければと思います。

初回はReadyfor一択というのが
今の私の結論だったりします。