SNS攻略が得意な人にはおススメです。いきなり頭5つリードかな

今日は大阪商工会議所主催の
クラウドファンディングの攻略セミナーに
行ってきました。

今日のセミナーは地域特化型の
クラファンについての話だったので
新たな発見とかあって、
さっそく自身の取り組みにも
落とし込もうと思いました。

で、先週もクラファンのセミナーに
行ってきたわけですが、
やはり、共通して講師の方が言っていたのは
初動を如何に高めるかが
ポイントになりますよ!って。

ようは、プロジェクト開始前に、
プロジェクト関係者それぞれの、
知人、友人に事前告知を行い、
直接協力を要請する。

さらに、その知人友人の知人友人に
SNSを使って告知をしてもらう。

その告知から、
いままで全く接点のなかった方々に
つながっていくのが王道のようです。

すでに、プロジェクトを乗せただけでは
当然、集まらない時代に突入しており、
初動は、泥臭くどぶ板的に進めていくのが
ある意味、キモのようです。

もちろん、泥臭くやるのも
全然アリだと思うのですが、
過去2回の講師さんの事例は、
あくまでネットビジネス外の方々の
事例なんです。

つまり、SNS攻略や、
ネット周りのマーケティングに関しては
私たちの方が格段に知識&スキル共に
上であることは間違いありません。

ということは、
クラウドファンディングの攻略のキモである
SNS周りの攻略のお手伝いは、
今のスキル&知識で十分に対応できる訳です。

なので、クラウドファンディングの基礎と
攻略法をマスターすれば、
だれでもクラウドファンディングコンサルに
なれる訳なんですよ。

さらに言うと、
インフォの世界にいるのであれば、
コピーライティングの基礎知識も持っているし
セールスレターやLPの型だって
しっている訳ですよ。

この時点で、すでに頭5つくらい
リードしている状況です。

今日のセミナーで、
実際のPJを成功させた方の
体験発表がありましたが、
やはり募集ページ作成に手間取ったと
言っていました。

ということは、
ページ作成の代行だったアリな訳ですよ。

もちろん、
クラファンの場合、
プロジェクトの企画をどのように
組み立てていくかが、
かなり重要なので、
その辺の勘所を押させておく
必要はあります。

でも、裏を返せば、
勘所さえ押さえておけば、
募集ページの作成代行って
結構おいしいような気がします。

だって、ページ作成代行であれば、
素材はクライアントさんから
提供してもらえる訳ですから。

ただ、個人的にはクライアントの望を
プロジェクトに上手く落とし込んで、
全体をプロデュースするような感じが
いいんじゃないかと思います。

あと、クラファンコンサルをやる場合は
やはり何人かでコンサルファーム的に集まって
取り組む方が絶対にいいですね。

クライアントとのやりとりは、
それぞれが個別に対応するけど、
企画内容などはチームでブレスとして
練り上げていく。

さらに告知拡散Phaseでは、
それぞれのパトロンに協力要請をする
みたいな感じがベストだと思います。

なので、ソロのクラファンコンサルよりも
チームの方が、絶対にいいんじゃないかと考えます。

しつこいようですが、
クラウドファンディングは
押さえておいた方がいいと思います。

ちなみに、
来週にWeb集客の無料相談を
お受けすることになっているのですが、
相談内容と現在の取り組みを事前に
シェア頂いたのですが、
その内容を見る限りでは、
クラファンがハマりそうな気がしています。

クラウドファンディングを単なる資金調達手段!
って捉えていたらマジでアホですよ(笑)

いろんな角度から、
募集されている案件をみていくと、
なるほど!そんな活用法もあったのか!
って気づきがたくさんあると思いますし、
クライアントに提案できることも
一気に増えてくると思いますよ。

ちょっと、
クラファンやってみたいんだけど、
という方は、お気軽にご相談下さいね。

井上

追伸

みんなでレターポットやりませんか?

今からコツコツやっておいた方が
絶対にいいことありますからね~。

レターポット
http://t03imd.jp/l/m/dchjcA5rwSySwK 

井上のレターポット
http://t03imd.jp/l/m/UyrY3aPdCjfOhd 

LetterPotはコチラ

http://t03imd.jp/l/m/eCXi41OWatxbHV

一言応援メッセージはこちらにお願いします

 

お問合せ、質問、相談はLINEからお願いします。

友だち追加 

スポンサーリンク



副業解禁の波に上手く乗る方法

会社員の副業解禁が目前に迫っています。正しい知識と情報を知らないと、収入微増で労働時間激増と謎の状態に陥ります。このメルマガでは、会社員向けに様々なビジネスに役立つ情報を毎日お届けしています。

 詳細内容を確認する




コメントは受け付けていません。