バイトを全員辞めさせたことあります。これ、マジな話

おはようございます。井上です。

昨日は、クリスマスなどの
人員不足時の対処法についてお話しました。

今日は、その流れで
ちょっと激し目のお話でも・・・


で、件名に書かせていただいた通り、
私は店長時代、アルバイト全員辞めさせたことがあります。

多分、今の風潮だと絶対に無理ですが、
20年近く前だったら、
それができてしまったんですよね~。

店長なら誰しも、
バイト全員入れ替えたら、
店良くなるのにな~って思ったことは
何度もあるはずです。

実際、私自身もそう思っていました。

でも、そんなことって、
なかなか実行に移すこととって
できないんですよ。

なんかのきっかけがないと。

そんなと時に、
お店に改装の話がでてきたんですよ。

大規模なやつが。

おっ、これはチャンス!と思い、
改装をきっかけに一旦全員辞めてもらう
ことにしたんです。

もちろん、
全員解雇だ~、おら~!
なんてやろうものなら
大騒ぎになりますから、
かなり慎重に準備を進めました。

それこそ、
会社の人事部にもネゴして、
関連法令とかもしらべて・・・

最終的には、
有給休暇もぜーんぶ清算し支給し、
一旦、全員を辞めてもらいました。

今だったら
絶対に人事部に止められると思います。

もちろん、優秀な人員は、
みすみす手放すわけにはいかないので、
一旦、退職いただいたのち、
再度、オープニングスタッフとして
応募してもらうことで、
再度雇うことにしていました。

要は、一旦、全員辞めていただく体にして、
必要な人は残して、そうでない人には
やめていただいた訳です。

実際にやってみて、
思ったことは、これは反則的手法だなと。

もちろん、お店の運営は非常にスムーズに進むので
業績も当然、上がっていく訳です。

ただ、自分のスキルアップにはつながらないんですよ。

もちろん、人を入れ替えての再建の指導はできますが、
そんなことできるお店なんて実際は少ない訳です。

ほとんどのお店は、
現有スタッフを活かしながら
再建していくことを望んでいる訳です。

それに気づくことができたので、
次のお店の再建を担当した時は、
荒療治はせず、既存のスタッフを活かして
再建することにこだわって取り組みました。

結果、3か月ほどかかりましたが
お店自体の再建には成功しました。

当然、既存スタッフを活かしながらの再建は
めちゃくちゃ大変です。

ただ、それを成し遂げた時の充実感は
本当にたまりませんでした。

また、コンサルっていう職業であれば、
クライアントに求められるのは
後者の手法なんですよね~。

私の場合は、店舗での実務経験があるので、
総合的に店舗支援ができる訳です。

それに加えてインフォのスキルがあるので、
最新の集客手法もお手伝いもできてしまいます。

結局、インフォスキルで集客支援をしても、
受け手側のお店が、お客さんを受け入れる準備ができていなければ、
せっかく集めても無駄になってしまいます。

ですから、集客手法の提案から
お店の受け入れ態勢構築の提案もできるので、
かなりいい仕事ができると思います。

自分で言うな~って、言われそうですが・・・

でも、飲食店向けの経営コンサルに関しては
かなり自信がありますので、
2018年はコンサルとしての活動量を
増やしていきますし、
フロントになるコンテンツ販売もガンガン
行っていこうと思います。

スポンサーリンク



副業解禁の波に上手く乗る方法

会社員の副業解禁が目前に迫っています。正しい知識と情報を知らないと、収入微増で労働時間激増と謎の状態に陥ります。このメルマガでは、会社員向けに様々なビジネスに役立つ情報を毎日お届けしています。

 詳細内容を確認する




コメントは受け付けていません。