寿司職人が何年も修行するのはバカ? 先輩たちの既得権を守りたいだけなのか・・・

さて、1年半くらい前の話題なのですが、ホリエモンが言ったこの発言、

「寿司職人が何年も修行するのはバカ」

って、覚えていらっしゃいますか?

これ、かなりいい感じで炎上しましたよね。

 

すし職人に限らず、職人の世界には修行という期間が非常に長く設けられています。

例えば、すし職人の場合、すし職人の世界で1人前と言われるのは、

飯炊き 3年
握り  8年

の修行を終える必要があるとか・・・

 

つまり、修行を開始して、独り立ちできるまで、最短でも11年はかかるという訳です。

当然、11年の修行期間中は、皿洗いや掃除、その他諸々の雑務がある訳です。

また、お店を経営する手法やノウハウなんかは「そんなもんは、自分で見て学ぶもんだ!」と、バッサリ切り捨てられてしまう・・・

 

なんとなく、職人の世界は”そんな所”って、当り前のように思っていたけど、イマドキの価値観で捉えると、”ハイパーブラックな職場”ですよね。

 

ちょっと斜め45度的な角度から見ると、単に、長い期間、修行や苦労を通して得た技術と経験にはものすごい価値がある!って言う、価値観で正当化しているだけで、単純に自分たちの既得権を守りつつ、若手を安月給でコキ使っているとも見ることができます。

 

まあ、この職人の世界の価値観がいい悪いはおいておいて、日本人って、どうしても結果よりもプロセスを過大に評価する傾向があります。

 

結果はイマイチだったけど、一生懸命がんばったらからOK!みたいな。

 

会社とかでも、そんな雰囲気ありますよね。

 

その頑張りが、自分のスキルに繋がる・・・

 

確かに間違っていないとは思いますが、人にとって時間は有限なので、スキルを身に付ける期間が、短ければ、短いほど本来は良いはずなんです。

 

長い時間をかけて、コツコツ習得するっていうのは見方を変えると時間を無駄にしているダケなんです。

 

だから、最近では、半年間ですし職人を育成する、専門学校とかが出来ているんですよね。

 

だって、今時の技術をもってすれば、美味しい寿司の条件みたいなのって、ある意味、科学的に明確にできる訳じゃないですか。

 

その条件に合致した握り方に特化して学べば、誰にでも美味しい鮨は握れる訳です。

 

あとの見せ方の部分は、こればっかりはセンスと経験がモノを言うので、実際のお客さんの前で寿司を握って、お客さんの顔色、しぐさ、直接的な感想のフィードバックを得ることで、洗練されていくと思うんですよね。

 

だって、最終的に食べるのと、お金を払ってくださるのはお客さんですからね。

 

大将じゃないですから・・・・

 

 

なので、ホリエモンの発言は、的を得ていると思うんですよ。

実際に、反論しているのは、旧態依然のプロセスで今の地位を得た既得権をもっている人たちですからね。

ホント、わかりやすい構図です。

 

 

で、

この寿司業界の修行のプロセスって、どっかで聞いたことありませんか?

 

ネットビジネス界のプロセス!

 

1.転売(実績を作る)

2.情報発信(実績を周知して見込み客を集める)

3.コンサル(転売のスキルを教えて、体系化する)

4.教材販売(コンサルで体系化したものを売る)

5.スクール(教材にフルサポートを付けて高値で売る)

 

これ、確かに鉄板な流れです。

でも、なんとなく修行チックですよね。

ネットビジネス界で一番、効率のよい稼ぎ方って、教材(コンテンツ)販売だと思うんですよ。

 

理由は、メンテは必要ですが、教材の場合、1回作ってしまえば、それを売り続ければすべて利益になるし、購入者のリストも同時に集めることができ、とても効率的なんです。

 

だから、出来るものなら、教材販売からスタートするのが実は一番無駄が無いし、最短最速で成果を出せると思うんですよ。

 

ただ、ビジネスだから、実績が無い人の教材って訳にも行かないですからね~・・・・

・・・・・・

 

あっ、ここで思考を止めたらダメですね。

 

理想は、いきなり教材販売からスタートすることなので、その方法が無いかを考えてみたんですよ~。

 

その方法が見つかれば、一番効率の良い、教材販売からスタートできますからね。

 

多くの人が、従来型のプロセスに則って、1段づつ進んでいく間に、一気に4段目からスタートできる訳ですからまさに下剋上ですよね。

 

みんながコツコツ進んでいる間に、コンテンツを売って、購入者リストを集めながら、お客さんにフィードバックを貰う。

 

その結果、コンテンツ作成のクォリティーが上がり、さらに売れていく・・・・みたいな。

 

まさに、私たちがかつてイメージしていた、ネットビジネスの在り様ですよね。

 

でも、そんな上手い話があれば、とっくに誰かが手を付けて広まっているはず。

 

それか、かつて誰かが挑戦したけど、結局上手く行かなかっただじゃん!って思ってしまいますよね。

 

かつての私も、そう思って、そんな旨い市場なんてある訳ないさ!って。

 

会社を退職してから、実は結構、考える時間が出来たんですよね。

 

だから、本当に「ない」で終わらせていいのか?って。

 

それって、単なる思い込みじゃない?

 

そなん疑問が自分の中で湧いてきたので、色々と調べてみたんですよ~。

 

やっぱり、人間は、意識すると今まで見えなかったもの、気づかなかったことに、気付くようになるし、見えるようになるもんなんですよね。

 

実は、あったんですよ。

 

そのいきなり第4ステージからスタートする究極の手法が・・・・

 

これなら、それこそ誰でも、第4ステージからスタート出来てしまう・・・

 

まさに下剋上!

そんな旨い市場を発見し、今までの繋がりのつてを活かして、今回は特別な企画をご案内させていただきます。

その名も

Contents De Gekokujyo

いきなりのコンテンツ販売で下剋上を起こす!

ってコンセプトの企画になります。

 

 

ぶっちゃけますが、この市場を正しく認識していて攻略していたら・・・・

考えるだけで、恐ろしいことになります。

 

という訳で、今回の新企画「Contents De Gekokujyo」に興味のある方は下記よりご登録をお願いします。

http://t03imd.jp/l/m/9Dm1IZQQ3TXKMe
※数日中にリンク切れになります。

※下記アドレスにメール送信いただいても登録できます。
add_4h0N5gQC@t03imd.jp

なかなか思うような結果が出ていない方は、業界で下剋上を起こす絶好のチャンスです。

さらに、なかなかコンテンツ販売に一歩踏み出せなかった場合は、この企画で、確実にその1歩を踏み出すことができます。

ご参加を心待ちにしています。

井上

企画のご参加はコチラから

Contents De Gekokujyo








 

コメントは受け付けていません。