Instagram攻略が集客のカギになったぞ

おはようございます。井上です。

今日は今年の元旦の時の話しです。

年、明けちゃいました!

世の中は完全にお正月モードですが、
習慣とは恐ろしいものです。

今朝も、変わらず4時前に目が醒めてしまって
気が付けば通常営業だったりします(笑)

昨晩、1年の振り返りをサクッとしておきました。

それをもとに、
今朝は、2018年の目標とやることを決めました。

そして、それを音声に収録しました。

で、なぜ音声なのか?というと、
音声にした時点でコンテンツになるんです。

で、音声の場合って1本じゃpowerは弱いけど、
束になると、一気に価値がたかまるんですよね。

丁度、昨日までは、
トレンドブログの実践音声を毎日収録していたのですが
その数61本!

だいたい1本平均5分程度の音声ですから
全部で5時間近い分量になります。

音声って、絶対に数勝負なんですよね~。

しかも、手軽に収録可能な訳です。

で、1日1本収録を1年続けたら、
365本で約30時間分になる訳です。

今年も、例年同様たくさんのことを学んでいきますが、
そのアウトプットをしっかりと
コンテンツ化していこうと考えています。

で、ブログへのアウトプットにしよう!って思っていたのですが、
文字にするよりも、音声の方がいいかなって思いました。

理想は、ブログに文字でアウトプットをして
それをもとに音声を収録するのがベストなのですが
いきなりそれはハードルが高いので、
まずは継続できそうな音声アウトプットに
絞ってやっていこうと思います。

さて、本題に入りますが、
2018年、集客のキモとなるのは
やっぱりInstagramかな~って踏んでいます。

あっ、飲食店とか店舗ですよ。

というか、
すでにトレンドはその流れかなと。

実際、ご飯を食べるところを探す際に
Instagramを使うケースが
非常に増えてきています。

なので、集客にInstagramを
使わない手は無いんですよ。

また、Instagramって基本、
写真(画像)じゃないですか!

それこそ、スマホでパシャっと
撮影するだけでOkなんです。

インフォに足を突っ込んでいると、
やれ、ブログだメルマガだLINE@だ!
みたいにお店にオススメしてしまいがちになります。

だって、それが効果的なことは分っているから・・・

でも、現実問題として、
ただでさえ人手不足な飲食店の店長に
業務の間にそれらをやって!といっても
無理な話なんですよ。

個人的には無理してでもやる価値は
あると思っていますが、
当事者はそうは思わないんですよ。

少しでも早く帰りたい!っていうのが
本音ですから・・・

そんな状況を踏まえると、
Instagramはある意味、最適な手法なんですよね~。

それこそ、
店長やスタッフに写真の撮り方のコツをレクチャーして、
あとは編集用のアプリの操作方法さえ教えてしまえば、
済んでしまう訳ですよ。

それと、投稿用のテンプレートさえ用意しておけば、
お店は写真を撮って、加工して、テンプレートをコピペ
するだけでOKになります。

しかも、今時のアルバイトなら、
Instagramに詳しい人なんてたくさんいる訳ですから、
その人に頼んでしまえばいいんですよ。

そう考えると、
飲食店のInstagramの運用代行って
イケそうな気がしてきました。

お店がやることは、
投稿してほしい商品の写真を撮影して
送信するだけ。

あとは、代行者が投稿し、
コメントが付いたら必要に報じて
あらかじめ打ち合わせした内容をもとに
コメント返しすれば問題ない。

例えば、
1店舗当たり月額3万円の運用費用を頂き、
アカウント代行を行う。

で、投稿とコメント対応を、
外注化してしまう。

これも、テンプレートにそって投稿&コメント返し
してもらうだけなので、
それこそスマホだけで完結してしまいます。

外注費を1か月5千円~1万円で設定して、
一人当たり5店分担当するとします。

その場合、売上は3万円×5店=15万円

経費は外注費1万円

てことは粗利が14万円ってことになります。

これが3グループ出来上がれば、
それだけで月45万円の売り上げで、
粗利が42万円!って・・・・

お店側はどうかというと、
例えば、客単価が1000円として、
原価率と人件費比率が55%だった場合、
1客当たりの粗利は450円。

Instagram代行費が月額3万円ですから、
月間67人以上のお客さんを連れてこれれば
代行費用はPayできて粗利になります。

67人!って言われると
難しそうな気もしますが、
1日あたりに直すと3人弱です。

なので、全然楽勝な数値なんですよね~。

じゃあ、チラシの折り込みで
集客した場合、どうなるか・・・

チラシ費用が1枚、3円とします。
折り込み費用が@4円として、
お店の周りに1万枚折り込んだとします。

その時にかかる経費は、7万円ですよね。

この場合、月間155人のお客さんが
チラシによって来店されないとPayできません。

1日当たり5.2人です。

まあ、これもいけないことはないですが、
この場合、告知できる範囲は、
自店の周辺の1万世帯に限られる訳です。

ただ、Instagramの場合は、
告知できる範囲は・・・・

比べること自体がナンセンスですよね。

もちろん、業種業態によってベストは
異なりますが、飲食店に限って言うなら
Instagram集客の方が効率的なんですよね~。

なので、飲食店向けInstagram集客の
コンテンツを作ろうと思いますし、
自分のコンサルティングサービスのメニューにも
加えておこうと思います。

まあ、こんな感じで
今年もメルマガをお届けします。

スポンサーリンク



副業解禁の波に上手く乗る方法

会社員の副業解禁が目前に迫っています。正しい知識と情報を知らないと、収入微増で労働時間激増と謎の状態に陥ります。このメルマガでは、会社員向けに様々なビジネスに役立つ情報を毎日お届けしています。

 詳細内容を確認する



 

コメントは受け付けていません。