Messengerボットのその後ですが・・・・・

おはようございます。井上です。

今日は、久々にMessengerボットの
近況についてお話します。

一時、大きな盛り上がりを見せた、
Messengerボットですが・・・・

最近、静かになってしまいましたね。

流行りものに飛びつくの早いですが
飽きるのも早いみたいで・・・・・(汗)

そんな私も、
Messengerマガジン創刊するぜ!
といいながら・・・・・・

できていません <m(__)m>

ただ、なんもやっていなかった訳ではなく、
飲食店向けのサービスメニューの
スキーム作りをしていました。

NISHIさんのメルマガにちょいちょい登場する、
九州の飲食店集客コンサルの小屋さんの
全面協力のもと、MessengerBOTを活用した、
クーポン配信スキームの検証を行っています。

今回、組み立てたスキームは、
MessengerBOTの機能を活用して、
クーポンを配信を行うものです。

これだと、
目新しさはまるでありませんが、
実は、色々と仕掛けをしています。

まず、クーポンの利用をカウント、
できるようにしています。

これにより、実際にクーポンを利用した人を
正確に把握できるようになります。

当然、実際の発行数もカウントできるので、
発行したけど、利用していない人には、
利用を促すリマインドメッセージを
自動配信するようにしています。

また、利用してくださった人には
翌日に、サンクスメッセージも
自動的に配信します。

その外にも、
色々と仕掛けはありのですが、
このスキームを入れることで、
HPなどのWEB媒体から、
お店までの導線を引くことができます。

しかも、見込み客ごとに、
利用の有無が把握できるので、
費用対が定量的に把握できるようになります。

今回のスキームは、
初回利用に焦点を当てた設計になっております。

ただ、それだけだともったいないので、
利用者Thanksメッセージ配信を行うことで
2回目の来店を促すようにしています。

これが上手く回れば、
新規獲得コストは大幅に下げることが
できるようになります。

あとは、新規顧客をリピーターに
育成していくスキームをセットで
用意しないとダメだな~と
思っています。

ですから、今度は、リピート化を促進するための
SNSを活用したスキーム作りを行います。

今回の集客スキームに関しては、
かなりリーゾナブルに提供できるので、
今まで、この手の販促ができなかった、
個人経営の飲食店でも、
かなり容易に導入できます。

それこそ、大手メディアの掲載プランを
一番リーゾナブルなプランに変更して、
自社サイトとMessengerBOTを絡めれば、
新規集客コストを大幅に削減することが
できてしまいます。

その削減できた集客コストの一部を
リピーター育成に向けた販促コストに
充てれば、お店の基礎売上が安定し、
お店の経営も安定します。

このMessengerBOTを活用した新規集客に、
リピーターを育成するスキームを
組み合わせれば、ある意味、
無敵になるんじゃないかと思いますよ。

あっ、ちなみに、
飲食店などでリピーターの育成法は
この講座で詳しく解説をしております。

http://t03imd.jp/l/m/1HKTqqptIWp9rw

これに、上手くSNSを絡めたら・・・・
想像するだけでワクワクしますね。

スポンサーリンク



副業解禁の波に上手く乗る方法

会社員の副業解禁が目前に迫っています。正しい知識と情報を知らないと、収入微増で労働時間激増と謎の状態に陥ります。このメルマガでは、会社員向けに様々なビジネスに役立つ情報を毎日お届けしています。

 詳細内容を確認する




コメントは受け付けていません。