こんばんは、井上です。

昨日は、長男の卒業式でした。

ホント、6年ってあっという間ですよね。
そりゃー年取りますは。

この少子化のご時世にありながら、
全校児童数1000人オーバーの学校なので、
卒業生も220人とかなりに人数でした。

当然、人数が多いので、
式が終了するまでザックリ2時間半!

とても良い式でしたが、
なにせ普通の体育館な訳で、
寒かったです。

で、卒業式後の夕食は、
長男のリクエストで、近所の焼肉店に
食べに行くことになりました。

その焼き肉チェーンはよく利用するのですが、
普段利用しているお店は、
予約が取れなかったんです。

先日、国際郵便を出しに
ちょっと離れた大きな郵便局に行った時に
その焼き肉店の新店を見つけていました。

それを思い出して、
その新店にすぐに電話したんですよ。

そしたら、
ラッキーなことに予約が取れたので
長男のリクエストに無時に答えることが
できました。

そのお店は、
どうやらオープンしてまだ2週間くらいで、
働いている従業員の方は、
新人さんが多い印象でした。

というより、多かったです。

この時期、どこの飲食店もそうなんですが、
人の入れ替わりが発生する時期なんです。

しかも、中盤以降は、
大学4年生とかキャリアのあるバイトが抜けて
中堅+新人での運営になるんです。

だから、どの店にいっても、
3月の後半から4月にかけては、
てんやわんやになっているお店が多いのは
そのような理由があるからなんです。

だから、
商品が出てくるのが若干遅かったり、
注文が通って無かったりするのは
ある意味、当たり前のことなんです。

ただ、こういう話をすると、
こっちはお金払った客なんだから
そんな店の事情なんてカンケーネー」!

ちゃんとやれよ!

って、怒りだす人もいます。

ただ、そこで怒った所で、
どうにもならないじゃないですか!

バイトさんもワザとやっている訳じゃないし、
怒ることで、雰囲気が悪くなるから、
いいこと無いですよね。

だから、そこは優しく、
見守ってあげましょう。

数か月後にそのお店にいったら、
別のお店のように変わっていることは
往々にあります。

まあ、一部、悪化しているお店も
出てはきますが・・・・

温かく見守るって視点でお店を
みるようになると、
次に行った時にお店の成長度合いが
解るんですよ。

前回来た時に、
おどおどしていたアルバイトさんが
自信満々に接客してたり、
おススメトークしてきたり・・・

私自身が飲食店で仕事をしていたことと、
その知見を軸に価値提供をするから、
こいう考え方なのかもしれませんが、
ちょっと視点を変えるだけで、
見え方は大きくかわってきます。

で、そんな成長したアルバイトさんに
『接客上手になったね。笑顔が素敵ですよ』
なーんて、声を掛けたあげた日には・・・

そのアルバイトさんは間違いなく、
さらにパワーアップすると思います。

ある意味、
ちょっと例えが悪いかもしれませんが、
リアル育成シミュレーションゲームみたいな感じですね。

この季節、飲食店を利用する時は、
こんな視点でお店をとらえていると
結構、楽しむことができますよ。

ちなみに、
計画的な採用と教育を行い続けていれば、
春のバタバタ劇に陥らなくて済むんですよ。

でも、ほとんどのお店はそれが出来ていないから
バタつくんですよね。

まあ、そんなさらに深い話は、
別の機会でお伝えしますよ。

あとがき・・・・

今更何ですが、
メルカリのアメリカ版ってあるんですね。

たまたま、ヨーロッパ圏でメルカリが
サービスインする記事を読んで、
知った訳ですが・・・・

細かいスキームは、
今後調べていきますが、
上手く使えば輸出入に活用できそうな
感じですよね。

多分、輸入の場合だと、
現地から直送は難しそうなので、
転送サービスを挟んで、
日本に送る感じになりますね。

この場合は、
まとめて日本に送った方が
送料を下げられるので、
Amazon輸入をされている方なんかは
親和性が高そうです。

日本に送ってもらう、
Amazonの荷物と一緒に送ってもらえれば、
済むはなしですからね。

個人的には輸出は、
意外に手間なくできそうな感じですね。

だって、日本から荷物送るのって、
ebayでもAmazonでも基本同じですし、
送料込みにしてしまえば、
全然、問題なさそうです。

ただ、販売に使う場合は、
アメリカの銀行口座が必要っぽいので
そこの部分が解決できたら
結構、面白そうな感じがしますね。

色々と面白そうなんで、
少し、掘ってみようと思います。

追伸2

この本は既に読まれていますよね?

http://t03imd.jp/l/m/JSLhoEzfXf7SaS