Youtubeアドセンス 質が向上して逆にチャンス到来じゃないかな~

こんばんは、井上です。



今日、こんな記事がでていました!

http://t03imd.jp/l/m/uevvAaqTrv25Rp


Youtubeアドセンスでの稼ぐ方法が
大きな転機を迎える感じですね。


って思いそうですが、
手法的には今までと変わらないと思うんですよ。


だって、ハードルが再生回数1万回以上って、
普通にYoutubeアドセンスで稼いでいる人なら
楽勝で超えられるハードルだと思うんですよ。


なので、視聴者が求める動画を作って
Youtube上にアップしているYoutuberさんは
影響は皆無のような気がします。


しっかりとファンがついているチャンネルであれば、
直ぐに1万再生位は到達します。


ただ、その再生回数までの広告収入は
当然、減少しますが、
このハードルができることで、
中途半端なYoutube動画分の広告費が
掛らなくなるから、
その分、単価が若干あがるんじゃないかなって。


現状、都市伝説的なはなしですが
1再生あたり0.1円~0.05円と言われています。


と言うことは
1再生0.1円としても、
1動画あたり千円減収になりそうですが、
仮に1再生あたりの単価が0.2円になったら、
2万再生でトントン、2万再生以降は
いままでよりも広告収入がアップする訳ですよ。


だから、しっかりと、
コンテンツとして動画を作り上げていれば
全然、問題ない制度改定だと思います。



多分、わー!大変だ!って騒ぐ人も
いそうな気もしますが、
実はさほど影響ないような気もします。


影響あるとすれば、
数量産型チャンネル運営で1動画当たりの
再生回数は少ないけど、
1000本、2000本単位で動画を突っ込んで
グロス数でチョロットお小遣い稼ぎ程度の
Youtuberは今回の制度改定でTheEndですね。


この制度改定で、
どのような変化がおとづれるか
楽しみだっりします。


でも、YTMでラジオを使った
動画で稼いでいた時期が懐かしいですね。




あと、アドセンスはこんな感じで
色々と展開が変わってきそうですが
リスト取り方面はどうなんでしょうか・・・・


この辺は、変わらずイケそうな
気もします。


最近は物販の方が、
Youtube動画で情報をシェアして
上手くリスト取りにつなげている
印象を受けます。


リスト取りの所って、
最近はFacebook広告が主流になりつつあるので
実はかなり美味しくリスト取りが
できたりするかもしれませんね。


恐らく、今、別でご案内させていただている、
とあるジャンルのコンテンツビジネス系とかだと
取り放題のような気もします。


この辺もちょっと合間をみて
掘ってみたいと思います。




あとがき・・・・・


4月も1週間が過ぎました!


はえー!


今月から輸出と並行して、
輸入もはじめています。


もちろん軸は輸出ですが、
リサーチをしていると、
これ、日本で売ったら・・・
みたいなのが結構あるんですよ。


なので、試しに仕入れてみて、
ヤフオクで売ってみようかなと。


輸入も新品無在庫系は、
輸出よりもエライことになってそうですが
中古品の有在庫は結構、
プレーヤーが少ないような感じなんですよ。


で、輸入を絡めれば、
PayPalに貯まった輸出の売上で、
仕入れができるからいいですよね。


しかも、仕入れた商品を国内で売る場合は
円での決済だから、
両替手数料なしにドルから円に
両替できるのはおおきいですね。



こうなってくると、
貿易関係の仕事みたいな感じですね。


ちなみに、井上は学生時代、
貿易学専攻だったりするので、
巡り巡って20年以上の時を経て
このフィールドにやってきたのかもしれません。


遠回りにもほどがあるだろ!って
言われそうですね。

スポンサーリンク



副業解禁の波に上手く乗る方法

会社員の副業解禁が目前に迫っています。正しい知識と情報を知らないと、収入微増で労働時間激増と謎の状態に陥ります。このメルマガでは、会社員向けに様々なビジネスに役立つ情報を毎日お届けしています。

 詳細内容を確認する




コメントは受け付けていません。