もっと早くチャレンジすればよかった。 商品開発って楽しいかも!

今日はとある商品の企画を
コツコツと組み立てていました。


クラウドファンディングを使った
商品開発に挑戦すべく
準備を進めています。


まだ、最初の最初で、
こんな感じの商品を作りたい!
レベルなので、
実現可能かどうかは、
まだ、不明だったりします。


できたらいいな~と思いつつ、
ザックリとした企画を
簡単な資料にまとめています。


でも、あれですよね。


クラウドファンディングを上手く使えば、
商品のテストマーケティングを
ほぼもとで無しで出来てしまうのは
スゴイですよね。


商品の企画を組み立てて、
製造先を見つけて、
見積もりを取る。


そして、
クラウドファンディングをスタート!


で、そこで支援が集まれば、
一定の需要があると判断できますし、
逆に支援者が現れなければ、
需要無!って判断ができるので、
リスクを最小にできるのがいいですよね。



ある意味、テスト販売=予約販売の
図式が成り立つので、
クラウドファンディングが終了してから
商品の発注ができるのが
魅力だったりします。



こうなってくると、
個人でもアイディアを商品化することが
簡単にできてしまいます。


もちろん、
実際に商品を作ってもらう、
製造メーカーを探す必要はありますが、
それさえできてしまえば・・・・


となると、
色々な中小のメーカーさんや
工場のオーナーさんとかと
繋がりを持っておくと強いなって。


だって、実際にモノを製造で来るところと
接点を持っておけば、商品開発の支援ってのが
できると思うんですよ。


実際にクラウドファンディングを活用して
アイディアを商品化する一連の流れの実践経験があれば
サービスメニューとして、
ラインナップできると思うんですよ。


なので、今回は、
実際に自分で1回やってみようと思い、
準備を進めている感じです。



まあ、何事も経験なので、
実際にやってみて、
色々なことを吸収して、
自分自身のメニューラインナップを
増やしていこうと思います。


実際に、商品設計を考えて、
類似商品のリサーチとかしていると
結構、楽しかったりします。


さて、
商品の企画案をまとめなければ・・・・



続報は順次シェアしていきます。

スポンサーリンク



副業解禁の波に上手く乗る方法

会社員の副業解禁が目前に迫っています。正しい知識と情報を知らないと、収入微増で労働時間激増と謎の状態に陥ります。このメルマガでは、会社員向けに様々なビジネスに役立つ情報を毎日お届けしています。

 詳細内容を確認する




コメントは受け付けていません。