井上です。

最近は、ブログアクセスアップネタが多かったので
久々にYoutubeのお話しをします。

今、Youtubeはもっとも注目されていて
かつ、アフィリエイトという側面では
最も簡単に稼げてしまうマーケットになります。

それを世間に知らしめたのが、
Youtubeトレンドマーケティング(YTM)という
教材なんですよ。

その教材が発売されたのが1年半くらい前で、
今なお、売れている再現性の高い人気教材なんです。

ただ、良くも悪くも、
Youtubeアフィリを世に広げたことによって
どどどっ!と参入者が増えてしまいました。

もちろんYTMは再現性の高い、
素晴らしいノウハウなんですが、
実践者が増えてくると、
当然おかしな輩も増えてきます。

だから、
ここ最近若干Youtubeが荒れている感じがします。

コピペ動画の雨あられ、
釣り動画多数・・・・

こんな感じで厄介な動画が増えてくると
当然、Youtubeでの規制も増えてくるので
勘弁して欲しい部分があります。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、
Youtubeを攻略していく上で、
重要なのが、どんなチャンネルを作るか?
がポイントになります。

どんなチャンネルと言われても、
ピンと来ないかもしれませんが、

・どんなジャンルで
・誰に
・何を届けるのか?

こんな感じで考えてみるといいと思います。

youtube-channeldesgin

色んなジャンルの動画を
一つのチャンネルに上げてしまうと
なかなかチャンネル登録者が増えません。

だから、
取り扱うジャンルを一つにして、
所謂、特化型にしてチャンネルを
組み立てていくのがポイントになります。

そして、
その決めたジャンルについて、
世の人々は何を知りたくて、
何を求めているのかを考えて行く訳です。

そんなことを言われても、
どこで調べればいいのか解からない・・・・

って、言う人が多いのですが、
そんな、難しいことではないんですよ。

自分が作ろうとしているチャンネルの
テーマと合致している、チャンネルを探して
そのチャンネルのコメント欄に注目するんです。

そこで、
どんなことが繰り広げられているのか?

どんな内容が話題になっているのか?

などなど、
その辺に着目してコメントを読んでいくと
世の人々が知りたいこと、求めていることが
見えてくるようになります。

あとは、2ちゃんねる なんかも
そういったリサーチにはとても有効な場所でもあります。

そして、
視聴者のことを考えなながら
動画を作って行く訳です。

こんな感じで、
Youtubeチャンネルを考え組み立てていくと、
自然とオリジナル動画にならざるを得なくなるんですよね。

YTMも実はこういった考えのもと、
カリキュラムが組み立てられた教材ですが、
そこまで、たどり着けている人がすくないのも現実です。

みんな、
導入部分の動画の作り方を観て、
解かった気になってばく進していく・・・・

で、チャンネルがバーーーン!となって、
・・・・・

という人が多いんですよね。

井上もそうでしたから・・・・

と言う訳で、
これからYoutubeを攻略していくなら、
上記のような手順で視聴者のことを考えながら
オリジナル動画をつくるのがキモになると思います。

さらに、Youtubeに興味がある方は、
下記をクリックして、メルマガをご覧いただければと思います。
がぞう