もっと早くやればよかった・・・・  

井上です。

昨晩のメールで!

今日中に外注の募集を出します!

と宣言させていただきました。

宣言してしまった以上、

やっぱりできませんでした!

じゃ、ダメダメのままなので、
外注募集を2案件、クラウドワークスに出しました。

もちろん、
動画作成の外注依頼なのですが、
なぜ2案件なのかというと・・・・

単なる文字スクロールやスライドショー動画であれば、
1案件で済むのですが、
今回は読み上げ動画の外注依頼にしたんです。

ただ、
せっかく外注するのに、
フリーの読み上げソフトで作っても、
単に動画の数は増えるけど、
そこら辺の動画に埋もれてしまいます。

有料のソフトを渡すとなると、
当然のごとく諸問題が発生しますよね。

また、動画作成依頼にいきなり、
地声での読み上げをお願いすると一気に
ハードルが高くなってしまいます。

そこで、
色々考えた結果、
読み上げ音声の作成と動画作成の依頼の
2案件に分けて依頼することにしたんです。

そうすれば、
読み上げ担当の方が作った音声データを
動画作成担当の方に渡して、動画化して納品してもらう。

こんな感じで進めれば、
同様の読み上げ動画と差別化を図りつつ、
質の高めの動画ができるので、
イイんじゃないかと思い2案件で募集をしました。

そして、
昨晩募集して、このメールを書いている時点で、

読み上げ案件に7件

動画作成案件に7件

といい感じで応募がありました。

現在、それぞれの応募者と条件の詰めを
行っているので、
近日中には外注化がスタートできそうです。

動画作成の依頼に応募してくださった方々の
受注状況をみていると、
動画作成の経験者が以外の多いんですよ。

だから、経験者の場合は、
細かいマニュアルも不要でいらいできれば、
発注側の負担も少なくすむのではないかと思います。

相場的に1本100円~200円くらいのようで、
複数案件受注していれば、
集中して取り組めば、1時間で10本くらい楽勝で
作成可能なので、時給1000円位になるんだなーって。

自宅で隙間時間を使って作成するなら
悪くないのかな~って思いました。

まだ、正式発注まで到達出来ていませんが、
この外注化の件の進捗状況は適宜、
共有させていただきます。

あっ、今回思ったんですが、
なかなか重い腰が上がらない方は、
自分の媒体を使って宣言しちゃうのが
いいかもしれませんね。

そうすれば、
自然とやらないと!って思うようになるので
身体が勝手に動くなりますよ。

ぜひ、お試しください。