最近は自分のコンテンツを販売できる
プラットフォームを探しています。

kindleであったり、Udemyであったり、
ココナラ、WoWmeであったり、
色々と販売する場所が増えてきました。

そんな話を昨日のメルマガで
お伝えしました。

それとは別に
最近は毎日Podcastの番組を
コツコツ公開しているのですが、
ふと思ったんですよ。

iTunesで自分のコンテンツを
販売するにはどうしたらいいのか・・・と。

考えてもみてくださいよ。

だって、日本って世界No1のiPhone普及大国なんですよ。

ということは、
多くの人がiTunesを使っている訳です。

もちろん、
アーティストではないので
楽曲は販売できませんが、
電子書籍とオーディオブックは
販売することができますよね。

で、色々と調べていったら、
iTunesの販売用のアカウントが
存在することを知ったんですよ。

で、さっそく販売用のアカウントの
登録を行って、
手始めに電子書籍を1冊出品しようと、
ibookに登録するためのツールをiTunesから
ダウンロードしたんですよ。

ここまでは、
すこぶる順調で、
マニアクックなので、かなり面白そう!
とワクワクしていたのですが・・・・

ここで大きな障害にぶち当たりました!

なんと、
ibookに登録するアプリは
マック専用だったりするんです。

しかも、Windows版は存在しない・・・

現状、マックユーザーであれば、
アップルが提供しているアプリで
簡単に電子書籍の登録ができて、
出版できるみたいですが・・・・

Win版の提供は無い・・・・

で、ネットで色々調べたのですが、
代替するようなアプリは見つからず・・・

販売するにはマックを買わなければ
ならないのか・・・・

Winマシーンで強引にやるとすれば、
仮想マシーンの機能を使って、
Windows上でマックOSを走らせるくらいしか
思いつかないんですよね~。

ただ、そこまでやって、
iTunesで販売する意味はあるのか・・・

という疑問にぶち当たっています。

他に手法が無いかを、
もう少し、粘り強く探してみようと思います。

あとがき・・・・

appleネタが続きますが、
Podcastって、PDFファイルも対応しているんですね。

知らんかった~。

ということは、
Podcastからリスト取りの導線って
実は簡単に作れる事実が・・・・

手順は簡単

要はPDF形式のLPをPodcastに投稿する。

で、前後の通常の音声番組で、
リスト取りのPDFの紹介をする。

以上!

実は、めちゃくちゃ簡単だったという噂が・・・

こうなってくると、
意外に使い勝手が良いのかもしれません。

しかも、PodCastって通常、
スマホで聞くので、
LINE@に流した方がさらに良いかもしれませんね。

PodCastも色々と研究する価値は
あるかもしれませんね。

ちなみに井上のPodcastはコチラ
http://t03imd.jp/l/m/zBTg0tXBBTV86y

購読してレビューを入れて頂けると嬉しいです。

井上