先日のメルマガ原稿喪失事件をきっかけに
ワードで原稿作成をするようになりました。

それまでは、
テキストエディタのTreaPadを使っていました。

行番号が表示されていて、
結構、使い勝手が良かったのですが、
作業中のデータ喪失は以前から何度かありました。

自動保存の機能があればいいのですが、
TreaPadには当然そんな機能はないので、
ワードでの原稿作成に切り替えました。

ワードに切り替えたタイミングで、
1行当たりの文字数を全角25文字に設定した
テンプレを作り、毎日それを使って、
作成しています。

ワードでの原稿作成ですが、
最初は不慣れで書きにくい!って思いましたが、
3通くらい書くと全然気にならなくなります。

あと、文字数が分かるのはいいですね。

自動保存もできるし、
スマホとも動機が可能なんで
ワードでの原稿作成はアリだと思います。

さて、前置きが長くなりましたが、
本日は、サラリーマンがコンサルタントを
兼業で行うことができるか?

というお話です。

あなたは、どう思いますか?

おそらく、兼業でコンサルなんて無理に
決まってんじゃん!って思ったはずです。

が、私の認識は、
兼業でも十分できる!
って判断をしています。

私自身、今現在、
コンサルとして活動していますが、
実際、今の業務内容なら、
会社員をやりながらでもできたなと思っています。

もちろん、今のように複数社対応するのは厳しいですが、
1~2社くらいなら問題なくデキます。

クライアントの獲得さえできれば、
あとの業務は、Zoomやチャットワークを
フル活用すれば問題なく可能です。

クライアント獲得→契約の部分は、
対面で行った方が良いので、
初回だけはクライアントの稼働時間に
合わせる必要はあります。

個人的には、最低1度は、
対面であって話をしておくべきだと考えています。

直接会ってみないと
分からないことって結構あるんです。

特に、コンサル系の場合は、
クライアントとの信頼関係構築は不可欠なので、
事前に会っておいた方が何かと良かったりします。

ただ、
それも事前に上手くすり合わせができていれば、
すべてオンライン上で完結させることも可能です。

で、私が会社員のままだったら
どのジャンルでコンサル業をするかというと、
ズバり、店舗や士業向けの集客で攻めていきますね。

特にインターネットビジネスの知識があれば、
ネットを活用した集客のお手伝いは
普通にできてしまいます。

特に士業のマーケットは
IT化が非常に遅れている感じですので、
接点さえ確保できれば、
提案する機会は非常に多くなります。

士業の方々は、
当然ですが、専門知識のかたまりなので、
コンテンツをつくるネタに困ることは
ほとんんどありません。

また、DRMを実践している所はまだまだ少ないので、
DRMを上手く落とし込めれば、
集客は劇的に改善できます。

この辺の仕組みづくりのお手伝いであば
普通にできちゃいます。

手法の解説や手順の説明なんかは、
文字ベースならチャットワーク、
講義形式ならZOOMを使えば、
難なくできます。

さらに、それらをコンテンツ化してしまえば、
まずはこの手順通り進めてください。
とコンテンツを渡せばことは足りてしまいます。

で、質問や個別対応が必要な場合に、
ZOOMを使ってミーティングをすればよいだけです。

通常は仕事後の夜間に対応になりますが、
それこそ、勤務時間中であっても、
昼食時間をズラシてその時間に対応すれば
平日の日中でも対応可能です。

そして、一連の仕組みづくりを行って、
その後、広告の話になりますから、
その部分の代行を提案する流れにします。

仕組みづくりのコンサルフェーズは、
若干、大変な部分があります。

ただ、広告代行フェーズに入れば、
その仕組みに広告を使って
集客することがメインになるので、
さほど手間がかからなくなります。

そこまで、到達できれば、
2社目の対応もできるようになります。

されに言うと、
一社目の実績があるので、
営業は格段にし易くなります。

ここまでの話をまとめると、
サラリーマンが兼業でBtoBコンサルやるのは可能。

おススメの展開は、
集客のお手伝いをして仕組みを造る。

それが出来上がったら、
集客代行(広告代行)を提案して、
それをゲットする。

そして、広告代行を始めたら、
先日のメルマガでお話して、
広告代行ビジネスモデルのパターンに
持ち込めるので売上増になります。

広告代行フェーズに入れば、
1社あたりの手間は大きく下がるので、
2社目を獲得する。

この流れを繰り返して、
3~5社の広告代行のクラインを
獲得できれば、それこそ、
月に数十万円の売上確保は可能です。

なので、サラリーマンの方は
是非、こんな流れで進めていって
もらいたいな~って思います。

働き方改革で、
間違いなく時間を持て余すようになります。

その時間を上手く活用することで
無理なく取り組めますので、
是非とも挑戦して欲しいと思います。

と言っても、
コンサルのお仕事って具体的に
そんなことをするのか?

みたいな基礎知識は
持っておいた方がいいです。

で、絶妙なタイミングでこんなキャンペーンが・・・
http://t03imd.jp/l/m/Y6v3ZPHg2zoBho

井上もこれ、持っていますが、
色々と参考にしています。特にP187からの、
クライアント獲得のためのマーケティング手法は
これからコンサルのお仕事をしたい方は
押さえておいた方がいいですね。

で、今回、上記リンクより、入手頂い方には、
特典を用意させていただきました。

その特典は・・・・

先日、NISHIさんと
「コンサルタントの仕事風景」を
テーマに対談した音声コンテンツを
プレゼントさせていただきます。

気になる約55分の対談音声で内容は・・・

 

対談内容は

・コンサルタントはどんな仕事しているの?
・会社員の人がコンサルタントになれる理由とは?
・副業でこそやって欲しい
・生まれて初めてのコンサル報酬を受け取った時はどんな気持ちでした?
・目指すべきは総合ではなくて、業種特化型コンサル
・最強は【業種/テーマ/最新】の掛け算にある
・一番最初は誰でも怖い。だから受注できたら驚く
・ただの営業マンなくて、特別な営業マンの自覚
・会社員が0からコンサルになる時の心構え
・仕事の受注はどうやる?何がキモになる?
・コンサルの契約を継続するにはどうする?
・怪しいコンサルではなくて真っ当なコンサルって何?
・何社くらい契約を取るとアップアップになる?
・自分の売り物、強み、長所に気づく時はどんな時?
・5時からコンサルってどういうこと?

と、コンサルタントを目指している方には、
是非とも聞いていただきたい内容です。
この対談音声を聞いたら、
今日のメルマガの内容が腹に落ちますよ。

上記リンクより、
コンサルタント起業成功大全を
お申し込み後に届く、
注文確認メールをこのメールに
コピペして返信してください。

確認後、連絡いただきました
アドレス宛に対談音声をお届けします。

この対談音声もマジでヤバいから
是非ともこの機会にゲットしてくださいね。
http://t03imd.jp/l/m/4xE1Sb3jCpsldU